仮想通貨は電子マネーとどう違う?

価値が上下する仮想通貨、価値が変わらない電子マネー

ビットコインに代表される仮想通貨と、鉄道会社などが発行している電子マネーは似て非なるものといえます。では、なにがどう違うのでしょうか。
まず第一に、仮想通貨は世界各国で売買され、株のように価値が上下します。たとえば、所持している仮想通貨の価値が昨日は一万円だったのに、今日になったら一万五千円になったということもあり得るのです。電子マネーの場合、市場があって売買されることはないので、価値は常に一定です。一万円分の電子マネーを買った場合、一年間、それを使わずに放置したとしても、増えたり減ったりすることはなく、やはり一万円分の電子マネーのままなのです。
そのため、日本国内で買い物をするために使うのであれば電子マネーの方が使いやすいといえるでしょう。

仮想通貨は現金に換えられるが電子マネーは原則不可能

第二に、仮想通貨の場合、持っている通貨を人に売ることができるので、現金に換えることができます。なので、仮想通貨の売買を繰り返して、最終的に現金として引き出し、元手のお金を増やすということが可能です。一方、電子マネーの場合、基本的には一度マネーに換えたら再び現金に戻すということができません。そのため、10万円分の電子マネーをチャージしたら、その10万円は電子マネーとして使い切るしかないのです。
第三に、電子マネーは発行している会社が保証してくれます。その会社が潰れない限り、電子マネーが突然消えたり、あるいは使えなくなることはありません。
しかし、仮想通貨は特定の会社が価値を保証しているということはありません。そのため、いきなり価値がゼロになるというリスクも存在しているのです。

© Copyright Get Bit-coin Now. All Rights Reserved.